雑学のあしあと
『今すぐ誰かに教えたくなる豆知識』がコンセプトの雑学サイトです。
グルメ・料理

万能包丁と三徳包丁の違いについて紹介!切れ味抜群の包丁とは?

みなさんは、包丁を一つは持っていることでしょう。包丁の種類は豊富で、素材や形、長さといった特徴はさまざまです。最近では数多くの包丁が出ており、新しく購入するときにはどの包丁を買ったらいいか、迷ったことはありませんか?よく「万能包丁」と「三徳包丁」といった包丁を見かけるかと思います。それぞれの特徴はどういったものなのでしょうか?

今回は、万能包丁と三徳包丁の違いについてご紹介します。切れ味抜群の最新包丁とは?包丁の種類や選び方についてもご紹介します。おわりにおすすめの包丁をご紹介しますのでぜひ、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

万能包丁とは

万能包丁とは、その名の通り万能に使える包丁です。包丁は、大きく分けると「洋包丁」と「和包丁」の2種類に分けられます。

万能包丁は、西洋では「フレンチナイフ」や「シェフナイフ」とも呼ばれます。洋包丁のほとんどが両刃になっており、刃先がV字になっています。万能包丁の刃渡りはおよそ20㎝~30㎝程度です。

万能包丁は西洋で「牛刀」とも呼ばれ、肉の塊や肉の筋にも、尖った切っ先で切れるところが特徴的です。また、野菜や魚などにも使えるものが多く、多目的に使える包丁になっております。

ヤノ

万能包丁は洋包丁で、刃先が両刃使用になっているところが特徴なのですね。

三徳包丁とは

三徳包丁とは和包丁で、多目的に使える包丁です。日本の家庭において、もっとも一般的な包丁で「文化包丁」ともいいます。

三徳とは、三つの用途を意味しています。それは「肉」「魚」「野菜」と幅広い材料に対して、一本で出来ることを表しているのです。西洋の食文化が多く取り入れられるようになったときに、洋包丁の特性を組み合わせたことで、生まれたのが三徳包丁なのです。

三徳包丁の刃渡りは15㎝~20㎝程度です。そして、比較的刃幅が広く、両刃が多いです。また、刃先には丸みがあります。

ヤノ

三徳包丁とは、西洋の文化を取り入れた包丁なのですね。

違いについて

では、万能包丁と三徳包丁にはどんな違いがあるのでしょうか?

万能包丁

牛刀とも呼ばれる、洋包丁です。刃幅が狭く、先が尖っています。切りにくい肉の筋が、よく切れます。刃渡りは20㎝~30㎝ほどの長さが多いです。そして、両刃なものが多く利き手に関係なく使えるところが特徴的です。また、肉以外の使用にも食材にも使えることができます。

特徴

  • 刃先が尖っている
  • 刃幅が狭い
  • まな板に平行ではなく反りがある

三徳包丁

汎用性の高い包丁です。洋包丁と和包丁を組み合わせて生まれました。肉・魚・野菜と幅広い材料に対して、日本のさまざまな切り方ができます。刃渡りは15㎝~20㎝のものが多く、刃は両刃が多いです。万能包丁に比べると短く、幅広になっています。

特徴

  • 刃先は鎌型
  • 刃幅が厚い
  • まな板に平行な部分が多い
ヤノ

違いは、洋包丁か和包丁の違いなのですね。万能包丁は先が尖っているので、お肉を切ることが得意です。三徳包丁は刃幅あるので、キャベツの千切りなどに向いています。

包丁の選び方

とはいえ、包丁も使い方次第です。どういった包丁を選んだらいいのでしょうか?まずは、包丁の素材を見ていきましょう。

ステンレス包丁

錆に強い包丁です。基本的に錆ないので、手入れが簡単に済ませられます。一般家庭用として、向いています。手入れなどを、確実に済ませたい方におすすめです。

ハガネ包丁

ステンレスに比べると錆やすいので、手入れが必要です。一方で研ぎやすく、鋭い切れ味を保ちたい、本格波の方におすすめです。

セラミック包丁

特別な道具を使わないと研げません。硬い食材を切ると、欠けることがあります。一方で、錆びずに切れ味を保つことができます。手入れをするのが億劫な方におすすめです。

ヤノ

見た目は同じであっても、包丁の素材はたくさんあります。錆びやすい包丁であったり、研ぎやすい包丁であったりとさまざまです。包丁の使い方や調理のスタイルに合わせて素材を選びましょう。

包丁の種類

では、包丁の種類はどういったものがあるのでしょうか?

牛刀

万能包丁です。フレンチナイフ、シェフナイフとも呼びます。おもに、塊の肉を切るために使われます。両刃で幅は狭いです。刃渡りは20㎝~30㎝程度の包丁です。

出刃包丁

魚をさばくための包丁です。刃幅が広く厚みがあります。見た目も重厚感があります。魚の硬い骨や鳥の小骨程度であれば、お手の物です。一般的に片刃が多く、刃渡りは10㎝~50㎝と豊富です。

ペティナイフ

牛刀を短くした包丁です。刃渡りが小さく軽い包丁です。刃渡りが11㎝~15㎝程度の牛刀を、日本ではペティナイフといいます。痒い所に手が届く包丁です。

刺身包丁

魚の切り身を刺身にする包丁です。片刃が多く、刃渡りは18㎝~30㎝程度です。

中華包丁

中国版三徳包丁です。長方形で見た目も大きいところが特徴的です。刻む、叩く、潰すなど、何でもこの包丁でできます。両刃で幅広く、刃渡りは15㎝~25㎝程度です。

薄刃包丁

野菜用包丁です。かつらむきなど、細かな作業に特化した包丁です。両刃なものが多く、刃渡りは15㎝~20㎝程度で、刃幅は広めになっています。

ブレッドナイフ

パンを切る包丁です。ギザギザな刃が特徴的です。普通の包丁では、パン屑がでてしまうために作られました。一般的に片刃で、刃渡りは20㎝~35㎝程度です。

ヤノ

その他にも包丁の種類はまだまだあります。

おすすめの包丁

それでは、切れ味抜群の包丁を抜粋してご紹介します。

「YEBISU YAIBA」VG-10ダマスカス包丁(180㎜)

B07HKH4CVN 三徳包丁です。こだわり、いいとこどり。美しさ、切れ味、高コスパな包丁です。

「京セラ」セラミック包丁(140 ㎜)FKR-140-N

B002YLRM2C セラミック包丁です。京セラキッチンシリーズの中で、出荷№1の品物です。軽く、鋭く、キレイに切れます。

「SUMIKAMA(スミカマ)」霞(KASUMI)チタンコーティング剣型包丁(200㎜)

B000O2D9V6 万能包丁です。チタンコーティングの切れ味は熟練職人の手によって丹念に仕上げられています。

「貝印」KAI 三徳包丁 関孫六(165㎜)AB5156

B06Y2W65HH ステンレス包丁です。関孫六調理シリーズ。継ぎ目のないオールステンレスで耐久性があります。

おわりに

いかがでしたか?今回は万能包丁と三徳包丁の違いについてご紹介しました。違いは、包丁の形にありました。それぞれの特徴を活かして、包丁を使いましょう。また、三徳包丁の三徳には、肉・魚・野菜を、日本の切り方でできるという意味合いがあったことには、意外と知らなったことかと思います。

そして、包丁の素材や種類についてもご紹介させて頂きました。ご自身との特性を生かした包丁選びをしてみることも良いかと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。この記事を読むことで、お役に立つことが出来れば幸いです。

ABOUT ME
アバター画像
ヤノ
趣味は漫画、映画鑑賞。ライブを見に行くことも楽しみの一つ。誰もが疑問に思うような雑学や豆知識を深掘りして紹介。